ブログ

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 消費税増税後の4つ住宅支援政策

消費税増税後の4つ住宅支援政策

建築設計をして今年で22年。
月で5棟 年間で60棟ぐらい。
今まで、1.000棟以上の建築設計を
させていただています。今も継続中!
その内、住宅設計は8割です。

 

 

住宅ローン減税拡充

消費税増税を機に適用期間が10年~13

に延長されます。だだし、2019年10月1日

から2020年12月31日までの間にその者の

居住の用に供した場合に限られます

11年目以降はa.住宅借入金等の年末残高(4,000万円

を限度)×1% b.建物購入価格(4,000万円
を限度)×2%÷3のいずれか少ない額が控除されます。

 

すまい給付金拡大

すまい給付金の対象となる所得階層を拡充。

消費税8%時        消費税10%
収入額   給付基礎額  収入額   給付基礎額

425万円以下  30万   450万円以下   50万

425~475    20万   450~525      40万

475~510    10万   525~600       30万

               600~675     20万

               675~775                      10万

 

 

次世代住宅ポイント制度創設

一定の性能を有する住宅の新築やリフォームに対して、

省エネ・環境配慮に優れた商品などと交換できる

ポイントを発行する。

 

住宅取得資金非課税枠拡充

贈与税の非課税枠は、最大で3,000万円

2019年4月~2020年3月までは、

質の高い住宅を契約したケースがこれに

該当します。

 

家の購入タイプによって消費税8%消費税10%

が影響していきます。今なら、建売住宅・中古住宅の購入

を考えている方なら消費税8%ですし、注文住宅なら

消費税10%になる可能性があると思います。

なので、増税前は駆け込み需要で売り手市場に

なりがちです。冷静に判断して時間余裕

持って下さい。