ブログ

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 木造住宅(木造軸組構法)とは

木造住宅(木造軸組構法)とは

建築設計をして今年で22年。
月で5棟 年間で60棟ぐらい。
今まで、1.000棟以上の建築設計を
させていただています。今も継続中!
その内、住宅設計8割です。

 

 

木造軸組構法とは、建築構造の木構造の構法の

ひとつです。日本で古くから発達してきた

伝統工法を簡略化・発達させた構法で

在来工法とも呼んでいます。

主に、柱や梁といった軸組(線材)で支える、

設計自由度比較的高めの工法です。

 

 

特徴

○日本の木造住宅の工法としては、主流の工法です。

技術的には伝統工法そのものというわけではなく、

多くは1960年代頃から発達したものです。

 

木造軸組構法では、各部材に継手・仕口などの

複雑な加工を施すため、手作業による加工には

高度な技術が必要とされています。そのため、

近年は人件費及び工期を減らすためプレカット工場

での機械による継手・仕口の加工が主流となって

います。

 

使用する釘は、主に鉄丸くぎ(N釘)のN50・N65

・N75・N90でありますが、これらの釘は他の釘と

見分けがつきにくいので、誤使用防ぐため厳重な

検査がふかけつです。

 

構造上、柱と梁に応力が集中するため、地震荷重

風荷重などの水平荷重(横からの力)に耐えられるよう

筋交い構造用合板などを用いて一定以上の

耐力壁耐力床を作ることが義務付けられています。

 

耐力壁ではないは構造上建物の合成に殆ど寄与しない

ため、窓や扉等の開口部を拡大したり増設したりするよう

大規模なリフォーム容易メリットもあります。

しかし、耐力壁まで撤去するような悪質なリフォームには

注意する必要です。

 

○施工順序としては、基本的に基礎土台主要部分小屋組み

屋根となります。屋根が比較的早期の段階で取り付く

のはの多い日本において適していると思います。

 

もちらん、他の工法(後日、説明します。)もいいと思いますが、

日本の気候には、木造軸組構法は適していると思います。